小説を書いた

私は本を読むのは好きで(好きというだけで多読者ではない)、昔編集の真似事みたいなことも少しだけやっていたのだが、自分で実作をすることに興味がなく、たぶん書かないまま人生を終えるのだろうなと思っていた。

それが何の因果か、心の中でスイッチが入り、少し書いてみようかなと思いはじめたので、とりあえずカクヨムに短い小説をひとつ書いてみた。とりあえず今後も衝動に任せ少しずつ書いていこうと思うので、ぜひご感想ください。あと、何かお題があったらなるべく書きますのでそれもください。

kakuyomu.jp